みっともなく

みっともなく

未来なんか なくても良い

絶望していても 良い


ただ バカみたいに

ぼろぼろ涙を零しながら

ひとに 迷惑を沢山かけて

その分ひとに 優しくありたい


どこまでも

みっともなく 生きて

みっともなく 死にたい

そもそもかっこ良い死 なんてあろうはずもない


たかが一匹の猫の 死に様が

どんな立派な人間の 美辞麗句より

深く 染み入るように

私に 教えてくれたこと

gerber_2540542.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ

2 Comments

れいと

こんばんは

辛く苦しいからこそ、人の痛みも解るし、その分、優しくもできるんですよね。
凄く共感します。

>みっともなく 生きて

>みっともなく 死にたい

>そもそもかっこ良い死 なんてあろうはずもない

この部分が、とても潔くてカッコイイんです。

愛猫ちゃんは、ナレイさんに飼われて最後は看取られて、さぞかし幸せだったことでしょう。

  • 2013/05/18 (Sat) 00:11
  • REPLY

ナレイ

Re: こんばんは

れいとさん

コメント、ありがとうございます。

辛いことがあったときは
少々ひとに迷惑かけて、甘えても良いんじゃないかと思えるんです。

いつも辛さを一人で抱え込む私は、今のままでは辛くなる一方です。


死がみっともないものならば

生もみっともなくて良いんじゃないかと思えます。

みっともない生は、ひとに優しく出来ると思います。


それを私に教えてくれたのが、我が家の老ネコの死でした。

  • 2013/05/18 (Sat) 07:13
  • REPLY