火葬場にて

 2013-05-16
何度 見送っても同じ

火葬場の 罐の前

棺が罐に 入るとき 

あの着火音が 聞こえたとき


私たちは 

なんで焼いちゃうの・・・?

と 死者が焼かれることを 

理不尽にさえ 思う



そして 骨になった様を見ると

本当に死んじゃったんだ・・・と

目を 覚まされたように 

死を 認めざるを得ない



一連のこの光景は 私の中で

いつも リピート再生される




「私」が生きている限り

死せる者は 「私」の中で生き続けると

わかっていても



心から 

そう 感じられるようになるまでには

時間が かかるんだよね



人間は そんなに強くない

sayamako-01.jpg

動物霊園芝墓地
(霊園の許可を得て掲載)

我が家の6頭の犬たちは、この動物霊園の一画で眠っています。
この芝墓地は、犬や猫のお墓だから、でしょうか?
人間のお墓と違って、陰湿な暗い雰囲気は一切なく
明るくのどかで、ほのぼのとした空気に満ちています。
遺骨となった老ネコも、もうすぐここに入ります。
にほんブログ村 ポエムブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
タグ :
コメント
寿命をまっとうしたものが眠る「霊園」なのに なぜこんなに「生命」を感じるんだろう・・・

「素敵」という言葉は少し違う気もするけど、他に言葉がわからない私。

この写真を見た瞬間、インスピレーションで「素敵。穏やか」と頭に浮かんだよ。

幸に満ちている。
残る者の哀しみや寂しさなど全部包んでしまうくらいの大きい穏やかさ・・・


生きるものにはまだわからない「生命」の宇宙なのだと思わずにはいられない。


ごんちゃん おやすみなさい・・・
【2013/05/16 17:28】 | ホヌ #- | [edit]
ホヌさん

コメント、おおきに

素敵!
そう、素敵でしょう?!ここ。

>この写真を見た瞬間、インスピレーションで「素敵。穏やか」と頭に浮かんだよ。
>幸に満ちている。
まさにそう言う所なの~~~~~

きっと、眠ってる犬、猫、小鳥、いろんな動物たちが
飼い主さんに沢山愛されて、本当に安らかに眠ってる場所だから なんだろな・・・
動物は、恨みも何も持たないし・・・
と、私は行く度に思ってる。

行くだけで、私たちまで穏やか~~~な気分になれるのよ。

ごんちゃんも、6月になったらここで眠ります。

>ごんちゃん おやすみなさい・・・
ありがとう~おやすみ~~~~~~~~~
【2013/05/16 18:16】 | ナレイ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://slowly48.blog.fc2.com/tb.php/878-7174b371
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫