企業の思惑

震災後、いくら被災地に協力と言ったって

なんでこんなに見事に消費するの?
政府や企業の思惑通りに。

省エネ節電と言われれば、
飛ぶように売れる扇風機、省エネエアコン・・

扇風機並みの電力を謳うエアコン?!なら扇風機で十分じゃん!

そもそも人間は恒温動物。

熱中症 なんて言葉すら昔はなかったのよ。

夏は暑いのが当たり前。

汗かいて体温調節する生きものなんだから。
汗臭いのだって自然でしょ?

それをまた臭いの何のと
清潔 を謳っては
あらゆる消臭パウダー・スプレーの類を消費する。

スーパークールビズ・・・?

今更そんなこと言われなくても
私は夏は露出度の高い服しか持ってない。

で、予想通りの電気料金値上げ・・・・・。
結局国民に負担が来るのよね・・と思ってました。

被災地を思って我慢することと、
ただ何でも負担、消費すりゃあいいってこととは違う。

企業は笑いが止まらない・・・・。

COMMENT2

shika

初めまして。

こちらのブログでは初コメントになります。


仰る通り、政府や企業の思惑通りに進んでいますね。被災者への支援を!と言って、金儲け~♪なのですわ。


家電市場やスーパークールビズ市場は、節電商戦と銘打ってもいいほどの盛り上がりですね。

ナレイ

Re: 家電市場、デパート大盛況

shikaさん、コメントありがとうございます。

「節電を!」と政府がしきりに謳うーそりゃあ東北だけの問題ではない・と当然我慢!する国民。

その国民の特性を上手にくすぐるのが省エネ家電の類だと思って観ています。
我慢しなきゃ仕方ない・と言いながら、冷房のない生活なしでは過ごせないんでしょうね、もう。

お中元に、デパートでは、やたら冷える商品を取り揃え、そこに群がるお客さんで溢れ返っていました。

被災地支援 を謳いながら、企業は常に利益追求。
それは致し方ないにしても、そこに余りにもカンタンに乗る国民も国民だなあ・・と思います。

ちなみに私はこの夏に、何の備えもしていません。
冷房なんか元々つけなくても平気だし、暑かったら水でもかぶればいいだけですからね。

  • 2011/06/15 (Wed) 05:32
  • REPLY