理屈と心の狭間で

公開では書けないことが多過ぎる。

でも交通事故以降悪化してた私の病状は、ようやく安定した
ような気がする。

ま、安定したと言っても
元に戻っただけだから、苦しいことに変わりないけどね。

なんて言ったら良いのかなあ・・・・。
危ういよねえ・・・・・とっても。

どうしたら楽になれるかも
どうしたらこの苦痛から脱け出せるかも
理屈では全てわかっているのに
心が、
どうしても言うことを聞いてくれない。

この
「理屈では全てわかっている」ってことが
却って私の楽へ至る道を邪魔する。

何か目標を持ってそのために生きるとか、
何か大きな夢を実現させるために生きるとか、

そんなことは、きっとどうでも良いことなんだ。

今の
何も無い私のままでも
十分楽になれるはずなのに

どこかでまだ私は
何も無い自分は嫌だと思ってる。

いろんなものを欲しがっている。

だからずっと
満たされないままなんだよね。

「自ずと在るようにして在る」
「自然(じねん)」

セラピスト・ハッチの言葉が
こんなに響くのに

心は
どうしても言うことを聞いてくれない。

理屈と、
病気でいたい心の狭間で
苦しみ続ける私。
130113_2039~01







COMMENT0