事実誤認

んな、タイトルほど大袈裟なことでもないけども
みんな苦しんでるわりに
他力本願なわけね・・・と思ったんで。

社会恐怖(社会不安障害)とアガリ症は
明らかに違うのよ。


あがりは多くの人にある、
よく人前でアガるあれ。
あれは、そのときが過ぎれば忘れます。

社会恐怖は
特定の社会的状況での激しい緊張。
(緊張って言葉も
当てはまらないような激しさだね、ありゃ。
他の用語を作って欲しいと私は
前々から思ってるんだけど)
その状況で、恥をかくかも知れない
会議とか面接とかね、
一度でも失敗すると
それに対する恐怖(予期恐怖)に囚われて
実際にその場面に出ればもっと症状は悪化する

この予期恐怖と症状の悪循環で
症状は限りなく悪化する
と言う

これが社会恐怖です。
一応ね。

私も、今更なしてこんなこと書いてんの?!
だって~!
皆さん相当苦しんでる、

社会不安障害を克服したい!んでしょう?
なら、自分がどんな状態にあるのか
くらい知っとけば?

考えられない・・のか、
ネット社会がこういうものなのか
わからんけど、

一冊でいい。
デカい本屋に行けば売ってるからね
人文のコーナーに心理学系の雑誌。
「現代のエスプリ」とか「イマーゴ」とかね、
そう言うの読んでみりゃわかるからー

ネットはあくまで
自分の知識を補完するモノとして
利用して欲しいもんです。
知識があれば、自分に合う治療法も
自ずと見えて来るもんです。

興味があれば、前記事参照しておくれ~

COMMENT0