fc2ブログ
獄中手記、獄中詩

精神科病棟の悲しみ・その2

0
前記事を書いていたら
無性に入院したくなった。

「ナレイさんもっとおおきい声でうたって」
と、私に「子守唄」をせがんだあの子、
涙ぐんで見送ってくれた人、

みんな今頃どうしているのだろう....

私たちが互いに感じていた、
小さな、絆とも呼べない、つながりは、
互いに病気だから、ではなかった。

現実世界での
幾重にも重なった苦しみや悲しみが、
みんなの背中に見えたから。

それは必ずしも、病気ゆえ、とは限らない。

私たちは皆、
がちがちに管理された
あの精神科病棟という空間で、
束の間、解放 されていた。

不自由の中に、自由 を感じていた。

殆どの人が、
自分の病気について語ることはなかった。

それはべつに隠したいからではなくて、
わざわざ病気の話をする必要性を
感じていなかったから。

病棟の中で、解放 され、自由 を
満喫していた私たちは、
他愛もない雑談をしては楽しんでいた。

「シャバの風はつめてえぜ~」
「私も前科4犯だから、
白い目で見られるんだぜい」

などと言い合っては笑ってた。

みんな、シャバに戻ると、
また、苦しみ悲しみの日常を、
生きなくてはならないことがわかっているから、
誰もが、帰りたくなかったんだと思う。

窒息しそうな日常へ
まるで冬だけがつづくような日常へ
終わらない日常へ

それぞれが、呪縛の現実へ
また、この身を投じなくてはならない
そう思っていたから
帰りたくなかったのだと思う。

互いの背中に見た悲しみ苦しみ、
その つながり。
だからあんなに楽しかったんだと思う。

あの頃を思い出して、陽水を聞いた。
あの 深い詩とメロディー、
あの、悲しく伸びていくような歌声、

失った過去を取り戻すように
私は、陽水に耽っていた。


フリー画像有刺鉄線

陽水の歌の中で、
私がいちばん好きなのはこれ。
みんな「青空、ひとりきり」がいいと言う
「青空、ひとりきり」も好きだけど、私は、これ。
これはもう、歌詞 ではなく、詩。

「たいくつ」

♪爪が伸びている
親指がとくに
伸ばしたい気もする
どこまでも 長く

蟻が死んでいる
角砂糖のそばで
笑いたい気もする
当たり前すぎて

手紙が僕に来る
読みづらい文字で
帰りたい気もする
ふるさとは 遠い♪


#日記
#ひとりごと
#日常日記
#心
#エッセイ
#人間
#人生

Comments 0

There are no comments yet.