ほんのひと言ふた言のことば

霞んだままの瞳で(再掲載)

0 0
目覚めると また
いつもの 「ひとり」という
夜の長さに
この目が 霞む

私の苦しみは 
目には 見えないから
誰にも 届かないらしい

狭い家の中で
あちこちにぶつかりながら
それでも 必死で探してる

霞んだままの 瞳にも
もしかしたら
映るかも知れない

明けの明星を

フリー画像朝焼け

もう3000以上も記事があるんだから、
ムダな労力使わなーい!再掲載で使いまわす~
べつにそんなに読まれてないんだから問題なーし!

Comments 0

There are no comments yet.