いのちの桜

おかあさんが死にました・その4

0 0
11月10日水ようび はれ
おかあさんが死にました

おいしゃさんに
「子宮体癌末期 4期のBです 
もって1か月です」
と言われても
おかあさんは それがうそのように
元気でした

一緒に病院の中を散歩して
一緒に食堂でうどんを食べて
「こんなに元気な人がもうすぐ死ぬなんてうそ」
それほど おかあさんは元気で
おいしゃさんが言ったことは
間違いだと思いました

11月10日水ようび はれ
おかあさんが死にました

でも
おかあさんはやがて寝たきりになって
まいにちくるしいくるしいと
言っていました
私はおかあさんのせなかをさすること
ぐらいしかできませんでした

おなかはカエルのように
ぱんぱんになりました
便が少しでも出ると
気持ちが悪いと言って
何度も何度も オムツを替えました


11月10日水ようび はれ
おかあさんが死にました

おかあさんの断末魔を
見ていました
「変わり果てた姿」というのは
このことだとおもいました
「なぜここまで苦しませたの?」
その思いを どこにぶつけていいのか
わかりませんでした

11月10日水ようび はれ
おかあさんが死にました

11月10日水ようび はれ
おかあさんが死にました

フリー画像・キャンドルのともる部屋

Comments 0

There are no comments yet.