絶望が足りない・その2(再掲載)

絶望が足りない・その2(再掲載)

不安とか

惑いとか

迷いとか

恐怖とか

それは もはや

私の分身になって

私の中に 巣食って

一緒に 生きてる





怖い

怖い

わからない

どうしよう

自分の中から

叫ぶ 声を

もう一人の私が

なだめすかしながら

ようよう生きてる





絶望まで

辿り着けたら きっと

不安のままに

惑いのままに

迷いのままに

恐怖のままに

いられるはずだ







絶望は

上っ面な 希望より

ひとを動かす力を持つ





絶望は

何もない自分と

とことん向き合える

そして

そこから始められる






絶望が 足りない

もっともっと

絶望しきって

深い闇の中

手探りで

自分を見つけるんだ





安易な希望より

真摯な絶望が

ひとを変える

私自身の

いのちの力が

試されるときだ




だから

もっともっと

絶望の闇へ 落ちろ

絶望を 謳え

星のない 

あの闇空に向かって

謳え



フリー画像闇窓







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

0 Comments