SOSだれかたすけて

無情の川は

流れ流れて 海に出て

冷冷たる大地は ひたすら

後悔に唸る




もう戻れない

帰れない

時の砂が

両の手から

急いで零れ落ちる

いくらかき集めても

また

急いで零れ落ちる

その繰り返し




ウエディングドレスも

着ることはなかった

丈夫な この子宮も

用なしで邪魔なだけだった





無情の川は

日々表情を変えていく

さなぎは必ず蝶になって

産まれたての羽を広げる

なのに

あの日から

一歩も歩けなくなった自分は

あたまを抱えて転げ回る





QQ車は いつも

凄まじい音量で

サイレンを鳴らす癖に

私の横を

通過するだけだった





SOS だれかたすけて

SOS だれかたすけて

そう言っても

助けは来ないことを知っていながら

求めずにはいられない

SOS だれかたすけて

SOS だれかたすけて




フリー画像・団地の灯り










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

COMMENT0