「前向き」の嵐

3.11以後、日本中で、以前にも増して
「前向きに」「頑張って」「希望を胸に」「勇気と元気を」
この手の言葉がどんどん謳われるようになった。

そうしなければダメになってしまうから、と、必死で
みんな自分に言って聞かせてるんだろうけれど。

1年以上経ってみて、まるで「挨拶」のように聞かれるこれらの言葉、

私のような者には
やはり相当こたえるようだ。

震災と、症状は、
被災していない私にも
まんざら無縁ではない気がしている。

先日、知人と話していて何気なく
前向きな話なら良いけどねー
と、言われて
私がいつ、貴女の前で そんな 後ろ向き な話をした?
これ以上まだ「前向き」を強いるのかよ・・?

などと、やけに過敏になっている自分がいた。

「前向き」の嵐・「頑張れ」の押し売り みたいな震災以後の今、
却ってキツくなっているのは、私だけではないような気がしてならない。

「元気を出して!」なんて言われた日には
全身に重しを乗せられたように、残った僅かな元気さえ根こそぎ奪われそうだ。

0 Comments