涙乞い(再掲載)

涙乞い 涙乞い

日照りのときの

雨乞いみたいに

私は自分の 涙乞う

渇ききった畑の心に

涙の雨を ざあざあと

降らせておくれと 涙乞う




傷は 深ければ深いほど

涙を超えて、しこりのように

心に巣食って 離れない






涙の雨に わあわあと

傘など持たず 走りたい

びしょ濡れならば 心は軽い

恵みの雨に

恵みの涙



赤い傘









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

COMMENT0