行方知れずの心

行方知れずの心

指の間から

しきりに零れる

時の砂









初夏の風は

十分 優しいはずなのに

ひび割れる

この両手





どこか遠くへ

行ったきり

いつまで待っても

帰って来ない

私の心


緑の公園








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

0 Comments