禁断の木の実を食べる

禁断の木の実を食べる

文明が

進歩すればするほど

ひとのいのちは

軽くなる





やがては

いのちに

値札がついて

「わすれない」

という 商品として

ただただ 消費され

やがて わすれ去られてく





でも 誰にも

止められない




人間が

禁断の木の実を

食べて 食べて

食べ尽くすことを






この有り様を

「平和」と呼ぶのなら

狂っているのは

わたしなのか

社会なのか

一体 どっちなのか


フリー画像・ゴミ箱行き







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

0 Comments