孤独過ぎて

孤独過ぎて

孤独過ぎて

膝の関節が

ぱきぽきと 歌を奏でる





孤独過ぎて

小鳥のさえずりも

罵詈雑言も

区別がつかない





孤独過ぎて

爽やかな春の景色も

地獄絵も

区別がつかない






孤独過ぎて

孤独過ぎて

自分の右半身が また

足元から消えて行く


フリー画像・地下の街









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

0 Comments