赤い血がたぎるのに

赤い血がたぎるのに

いま ここに

生きているはずの

自分の存在にさえ

自信が 持てなくて





だけど

熱い血が 体中を

たぎるように

流れる自分を

いつも 持て余して





だれも

だれも

だれも いない



赤い血








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

0 Comments