酷い映画「ボヘミアン・ラプソディ」

くどくてごめんなさい。
あ、もう読み手の方々のことは意識しないと
決めたのでいいんだっけ。


映画「ボヘミアン・ラプソディ」
大ヒット!万人が「感動!」という謎。

私にとっちゃB級映画以下。

サクセスストーリー?にさえなってない。
ぺらっぺらの内容・・・
フレディのキャラクター=そこらにいるただの良い人。

大した葛藤もなく、メンバー同士の大した亀裂もなく、
サクサクと「伝説」になる安過ぎるストーリー。

「QUEENを結成して成功してちょっとケンカもしたけど
仲直りできてよかったね!りっぱな舞台にみんなで立てるね!」

ってだけの おはなし・・・・・・・・・・・。



もういいよ!

そこらの公民館とかで無料で上映したら?

小学校かなんかで子供たちに
「とってもエラいかしゅの人たちのものがたりよ」
とか言って、小学生の授業で流せば?


私にとってはその程度の映画でしかない!


人は誰しも多面体。一面だけの人間はいない。
例えば「すぐ怒るけどほんとは優しい人」とか、
「おおらかだけど気分屋さん」とか。

フレディは、その多面体の 面 が
ふつーの人よりずっと多い。
だから、みたいな輝きを放つ。

それが映画の中のフレディは、殆ど一面しかない。
せいぜいセクシャリティのことに悩むだけで
何の葛藤も、孤独も何もない。


史上最低の映画です(音楽以外)!


ボヘミアン・ラプソディポスター







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

COMMENT0