虚構の砂

生きているのか

死んだのか

私の体験していることの

全ては

もしかして 虚構

なんじゃないかと思う





この手に

砂を掴むように

確かなものが

見当たらなくて






街も 人も

信頼も 愛情も

この手から さらさらと

零れ落ちる




悪い夢のつづきを

今日もまた 見て

一体何が実体なのか

見当もつかない




この手に 掴んでも

掴んでも

頼りなく

さらさら落ちる

虚構の砂



フリー画像零れ落ちる砂の手








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

COMMENT0