自由律俳句まとめ

・秋の冷たさに 魂を抜かれる 






・幼い頃から この胸に刻まれた傷が

秋の夕暮れに 照らされて 







・「絶望」に

何度も 何度も

犯される 






・もがれた心が痛くて 白猫とふたりぼち 



フリー画像・青いグラス


最近ツイッターに、つらつらと綴っている自由律俳句を
いくつか、てきとーにまとめてみましてん。

自由律俳句っていうか・・・・
単なる 戯言 てっいうか・・・・

まあ何でもいんだよ~~~~





ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

COMMENT0