古(いにしえ)の産物

古(いにしえ)の産物

流れる 時は

わたしを 

待っていてはくれない





気がつくと いつも

置いて行かれて

わたしは

古(いにしえ)の者になる





8月の空に

毎年 毎年

大切な人たちを見て

心は 余計に

古へと戻る






人も 車も

流れ 流れて

待って 待って

行かないで と

この手をいくら

伸ばしても

置いて行かれる




夏の心のままで

あの人たちと

一緒にいたい





そう思えば 思うほど

わたしは 

古の産物になる



フリー画像・レースのカーテンの窓









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

0 Comments