真夏の空に見えるのは

真夏の空に 見えるのは





 

立ちはだかる 嘘を

殴りつづけて

血の滲んだ

あの拳





重ね合わせた

互いの体に

戦慄が 走った 

その瞬間







そして






くさびが 打ち込まれる胸を

抑えるように 堪えた

愛する いのちが

這って 這って 

向こう岸へ 逝くまでの

短くて長い 時間



フリー画像・グラスの雫








ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

COMMENT0