ほんのひと言ふた言のことば

歴史と呼べない歴史

0 0
私は

人生の歴史を

もう半分以上も 

刻んで来たはずなのに





刻まれた歴史は

余りに浅く

もう かすれ落ちて

振り返っても

何も見えない





やがて 時の流れと共に

私の歴史は

コンクリに固められて

アスファルトになり

数多の足に

踏みつけられることだろう




誰の胸にも 残らずに


フリー画像空と高速道路









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

Comments 0

There are no comments yet.