おおやけという舞台

どんなに孤独に

喘いでいても

どんなに不安に

押し潰れそうになっていても




「明るいね」

私は いつも

そう言われる





だって

おおやけ という舞台に立ったら 

「明るい人」を

演じきるしかないから

「暗い人」を

みんなが嫌うのを

知っているから




もう ろう人形のように

固まったままの笑顔が

身に着いているのよ

本当は

笑顔なんて

どこかへ

すっかり 失くしたのに









ぽちで救われる私がいます




にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

0 Comments