絶望と共に生きる

絶望と共に 

生きる

絶望の中で

生きる






絶望の風は

冷たいけれど

私の 心の目を

覚ましてくれる






自分の負った傷を

容赦なく えぐり出し

絶望の水に 晒す

絶望の水は 

冷たいけれど

傷の治りは 早い











深い闇の中でも

もう光は

差し込まないかも知れない

ならば

闇の中に 漏れて来る

地上からの灯りで

生きればいい








希望というのは

傷の上に 

また 新たな傷を負うだけ

希望に

しがみついていると

叶わないときの

悲しみのほうが 大きくなる






それよりは

絶望の中で

叶わない夢など見ずに

現実の自分と

しっかり 

向き合ったほうがいい






だから

希望は いらない

夢は 見ない

幸せとか不幸とか

そんな

二元論的なものは 求めない






絶望しきった その先に

幻想を捨てた

現実の自分を

見つけよう










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

0 Comments