めでたくもない誕生日

毎年毎年 同じこと

誰にも

祝ってもらうことのない

誕生日が

いつもと変わらずに

過ぎた





また

何の中身もない

一年という

年を重ねた

めでたくもない

誕生日






空を見上げて

宇宙を思う

広大な宇宙にとって

人間は

塵と同じ





私が 

塵に過ぎないならば

風に吹かれて消えるだけ




私が

塵に過ぎないならば

悩むことなど 

何もない





私が

塵に過ぎないならば

宇宙を 

実感することが出来る





塵に過ぎない自分を

感じたくて

空を見上げて

宇宙を思う




永遠の楽に

辿り着きたくて

空を見上げて

宇宙を思う











ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

0 Comments