孤独でいられると言うこと

孤独でいられると言うこと

どんなに寂しくても、寂しいときは
寂しさを、思い切り味わえるように
悲しいときは
悲しさを、思い切り味わえるように

どん底まで寂しさや悲しさを味わって
失ったものの大きさから目をそらさず、受け入れられたとき

寂しさや悲しさは少しずつ癒えて、
やがては、どん底だった自分が、少しずつ浮かんで来る。
浮かんだときはきっと、心地の良い気分になれるのだろう。

それが孤独でいられるとき。

結婚してるとかしてないとか、
実際に周りに誰かがいるかいないか、ではなく、

ただ、孤独を味わえると言うこと。
110916_1228~02

2 Comments

カプチ

>どん底まで寂しさや悲しさを味わって
 失ったものの大きさから目をそらさず、受け入れられたとき

 寂しさや悲しさは少しずつ癒えて、
 やがては、どん底だった自分が、少しずつ浮かんで来る。
 浮かんだときはきっと、心地の良い気分になれるのだろう。

すごく深くてじーんと来ましたが
「そこまで人間は苦しまなくてはならないのですか。神様(じゃなくてもいいけど)」
こんな気持ちになります。
「生きていくって、一体何なんだろう」
最近よく考えてしまいます。

でも静かに応援しています。

  • 2011/10/13 (Thu) 11:53
  • REPLY

ナレイ

Re: カプチさん

コメント、ありがとう♪

>そこまで人間は苦しまなくてはならないのですか
確かに、ここまで苦しむ必要は、ないです。

でもね、残念ながら、
いや、残念なのか、ラッキーなのかもわからないけど、
神経症や、いろんな病理を抱えた人間は、
ここまで苦しまないと、と言うか、
ここまで落ちていかないと、
浮くことは出来ないのですよ。

まだ真っ最中の私には辛いけれど、
そういう人間に対して、力を発揮出来るのが
PSWであったり、
セラピストであったりするんです。

そして、
カプチさんのような
「静かな応援」も
私には、温かく響きます。

ありがとう。

  • 2011/10/13 (Thu) 16:03
  • REPLY