夢の時間

たまに薬の効果があると

ぐるぐるぐるぐる

止まらない回転木馬の 







夢と現実の狭間で

私は うっとり

時に 身を委ねる





姿のない あなたに

抱かれ

赤子に戻って

見えない母の手に 抱かれ

この快い時が

ゆらゆらゆらゆら

いつまでも 続いてくれよと

願う






でも

夢の時間は

一日経てば すぐ覚める

夢から覚めると

研ぎ澄まされたナイフが

切れるような

不安だらけの現実が 戻って来る





あなたの腕も

母の手も 消えて

たったひとりを 思い知る





所詮 人工的に作られた夢

夢から覚めて

森羅万象の影に 潜む

嘘偽りの時でもいい

夢の時間を求めて

白い粒を 飲む私







ぽちで救われる私がいます。          

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

0 Comments