冬にひとり

冬が また

街中を白い呼気で包む

寒さが街中を包む

白い呼気の街から 

逃げたいけれど

いやおうなしに

私も 冬の呼気に包まれる





冬が嫌い

冬が嫌い

冬は 

あなたを遠くに感じるから

冬は嫌い

冬は嫌い

冬は 

私を余計にひとりぼっちにするから






容赦のない寒さが

白い冬が

私の体の動きを 止める

何も出来ない

何も出来ない

寒さで 何も

手につかないの






それでもまた 冬なのね

冬からは 逃げられない

今年もまた 

白い呼気に包まれて

遠くに見える

あなたの姿を 追う 





カレンダー

残り 一枚の憂鬱







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT0