日陰の部屋から

太陽のシャワー

小鳥のおしゃべり

黄色く染まった葉が

無数の蝶のように

ひらひらと 降る

太陽に照らされて

蝶たちが

きらきら光る






それを横目で見ながら

私は日陰で

煙草を吸う

私も 太陽のシャワーを浴びたい

無数の蝶たちと 戯れたい

でも

私の叫びは いつも

パトカーや救急車のサイレンに

かき消される






声のしない声のままで

日陰の部屋から

私は 叫ぶ

一滴の陽射しを下さい

ひと葉の蝶を下さい と






声のしない声のままで

日陰の部屋から

私は叫ぶ





冬の冷気が

足元から這い上がって来る







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT0