秋に鳴く

セミが 鳴いている

最期の ひと夏を

必死で 呼吸するように

地上での いのちの終わりを

悲しむように






夏の 終わりの

セミの声を BGMに

私は 

夏の 終わりの

グラスビールを 空ける

私も

セミと一緒に

夏を 惜しむ





セミの一生と

私の一生が

いつも 重なる

同じ いのち

生かされるまま

生きる いのち




セミの死骸は

夏の終わりを 私に告げる




今度は 私が

秋に 鳴く







ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

1 Comments

sado jo

こんにちわ^^

蝉は数年を地中で過ごし、子孫を残す為だけに地上に出て来ます。
言わば、交尾する為だけに全生涯を費やす訳です。その人生?って何なのでしょうか?
そんな儚さを小説にしてみました。

「ラスカルの春」 http://simoun2.blog.fc2.com/blog-entry-74.html