過去たちとの対話

押入れの奥から

過去が 出て来た

沢山の過去たちは

変わらずに そこにいた

過去の私は

犬を抱いて 満面の笑みだった





こんな良い日もあったのねと

過ぎ去らなければ 気づかない

幸せ






幸せとは何か なんて

私には わからない






あの頃は ただ

当たり前に 仕事して

当たり前に 朝起きて

夜 眠って

当たり前に 友だちとお喋りをして

当たり前に 恋愛をして

当たり前に 生活をしてた





当たり前に 暮らせることの

贅沢





少なくとも

押入れの 過去たちは

セピアになるどころか

光さえ 放って見えた






私は 暫く

過去たちと 会話して

そして 「またね」と別れ

静かに 押入れを閉めた










ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT2

BARON DE BOP

音楽は時々、
本当に時々ですから保証は出来ませんが、
世界を変える時があります。

永久に溶けるはずのない氷を溶かす時もある。
黒い筈の水が限りなく透明に見える時だってある。

保証は出来かねます。

  • 2014/08/20 (Wed) 20:07
  • REPLY

ナレイ

Re: BARON DE BOP さん

コメント、ありがとうございます。


音楽は私も好きです。

世界を変える
或いは、そういう力もあるのかも知れません。

でも今の私には、それが「想像」としてわかるというだけで
実感を伴ってはいないです。

  • 2014/08/21 (Thu) 06:25
  • REPLY