鉄の鎧

くたびれる

くたびれる

鉄の鎧を 着込んだままだと

歩くのも 何をするのも

くたびれる




鉄の鎧を 脱ぎ捨てて

身軽になって

春の風に 触れてみたい

春の花を 愛でてみたい





何故そんなに 着込むの?

無力で未熟な 自分を

まだ 受け入れられないのね






鉄の鎧を 脱いで

この身ひとつになれば きっと

誰だって 私を助けてくれるのに




いい加減

何も出来ない 自分を

許してあげても 良いのに





世界は 優しいものだと

この肌で 感じてみたいのよ




のどかな春の風みたいに

優しいものだと

感じてみたいのよ








♪何億こうねんかがやくぽちにもじゅみょうがあーるとおしえてくれたのはあなたでーした

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 Comments