動物としての私

激しい 嘔吐

嘔吐

嘔吐

熱発

寒さも 感じなくなって

冷たい廊下に

身を 横たえる




心拍動の 音は

私がどんなに苦しくても

その規則性を

崩さない




ザン、ザン、ザン・・・・

と 正確に

心臓からの血流を 止めない




嘔吐が治まると

脱水を防ごうとして

体が自然に 

冷たい飲み物を欲する





動物としての私は

いつも 生きようとしている

忌まわしいほど

生きようとしている


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT0