悲しみを越えて

たかが猫一匹と

笑いたければ笑えば良いさ

ちち子を失った 悲しみは

私にとって 余りにも大きくて

もう癒えることはないと 思ってた






だけど

子猫の一時預かりボランティアで

子猫と出会って

さんざん育てて

そして 別れて



これからも

子猫と出会って

育てて

別れて

を 繰り返しながら





ちち子からもらった

沢山のものを

私は 子猫たちに

差し出すだろう





そして 子猫たちもまた

新たな飼い主さんに出会って

私が ちち子にしてもらったように

飼い主さんに

沢山のものを 与えるだろう






いつか 悲しみが癒えるとしたら

それは 私に

他者を 愛する力が

育まれたときなのだろう

きっと

ちち子お腹丸出し~


ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT0