地獄のダンスホール

血の流れを 止めて

時の流れの果てに

地獄のダンスホールで

亡き者たちと 踊りたい





踊り疲れたら

浮世での よしなしごとを

語るのよ





足の鎖が ずっと重かったこと

ずっと奴隷で 生きたこと




浮世での出来事なんて

所詮は消える

夢まぼろし





何も

思い悩むことはない





だから私は 踊り続ける

自分のことなど

もう

全て 忘れて


ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT0