ネガティブのままでいい

まっすぐ歩いて行けなくて

まっすぐ歩いて行けなくてあちこちにぶつかりながらしか 歩けない自分で自分に苛立ってだけどみんなみたいに歩けないでもそんな私が 好きなんだよと優しく見守ってくれる人がいるだからいいのまっすぐ歩けなくてもあちこちにぶつかっても転んでも立ち上がって また歩き出せば傷だらけの 私にちゃんと手を貸してくれる人がいるのだから私は わたし私以上でも 私以下でもないわたしそのもの なのだから...