知識に汚されないということ(再掲載)

地元の精神科支援センターに通っていた頃、五郎さんと言う、60近いおじさんがいた。 彼は、しょっちゅうセンターに顔を出していたけど、 なんだか呂律も回っておらず、 やたら日焼けして、日雇い労働者みたいな印象だった。 病名はわからなかったけれど、...