ネガティブのままでいい

悲観の淵で

感情の発露  0

孤独がいつも私の隣りに座ってる孤独と対話していると悲観の淵に追いやられるとり乱れとり乱れて悲観の波に喘いでる「正常」でなくなっていく 自分を朦朧としたアタマの 片隅で意識している限界限界限界の高波落ち着いて落ち着いてだいじょうぶだいじょうぶだから何も 何も考えないでただ満開の桜の春を呼吸して虫や草木たちが息を吹き返す季節をちゃんと ちゃんと感じて孤独は冬に全て 納めて安心して存分に 泣きなさい存分...

READ MORE