ネガティブのままでいい

散り時を受け容れて

感情の発露  0

曇りガラスから漏れる灯りがあちこちに星のように点在するその 小さな灯りすら得られなかった自分に苛立ち悲しんでも 意味はない名前も知られぬ花たちのごとただ一厘寡黙に 咲き寡黙に 散る「何のために生まれて来たの?」そんな愚問を一切持たずただ季節を受け容れて咲き季節を受け容れて散るそんな名前すらなき花のごとこの人生という季節を黙って 受け容れて散ることができたならもう悩むこともない自意識に苦しむことも失...

READ MORE