苦しむ時をください

傷になってから痛みに 気づく肩が 濡れてから雨に 気づく悠長にいたい・・・・なんて思ってられないの雨だからっていちいち傘なんかさす余裕もないの苦しみを感じられる余裕がある幸せ悲しみを感じられる余裕がある幸せ本当に苦しいと悲しいともうそれを感じることさえできなくなるのまるで朝と 夜とを間違えて 無意味に 鳴くカラスのようにせめて ゆっくりと苦しむ時間を私に 与えてぽちで救われる私がいます↓にほんブロ...