ネガティブのままでいい

悲しき実験犬・第4話

愛しきイヌネコ  4

真坂動物病院に入職してから半年を過ぎた頃だったろうか。私は、もう当然のことと犬舎掃除に時間をかけてモモやテツたちをゲージから出して遊ばせ、声をかけ、自分の家の犬たち以上の、愛情を注いでいた。モモは、真っ白な毛が生えて、すっかりマルチーズらしくなり、匂いも以前より遥かに軽減した。テツもクロも、犬舎の中を動き回って束の間だけど楽しそうで、私に、しきりに甘えるようになって行った。そしてみんなが、吠えたり...

READ MORE