ネガティブのままでいい

緊張の糸

西日が窓から差し込んでこの目を容赦なく 刺すように日が沈む頃から私の頭を緊張が貫く眠っているとき以外常に感じるこの緊張は私の体の自由を奪い思考力を奪うそれでも仕事はしなきゃいけない用事は こなさきゃいけない引きつれるほどに緊張の糸を 張り詰めながら私は 毎日をようよう生きている一億総活躍社会?女性が輝く社会?もう遅いあんたたちに振り回されるのはもう沢山・・・!一億総活躍社会?私は 辞退させてもらう...

READ MORE