心のフィルターを外して

主観というフィルターを通して見る木々はいつも はだか木主観というフィルターを通して見る大地はいつも 血の色主観というフィルターを通して見る空はいつも 闇ひとは なかなかフィルターを外せないだからひとの数だけ現実の世界があるだけど 私はできればフィルターを外してこの世界を見たい木そのものの姿を大地そのものを空そのものを現実そのものを見たいだってフィルターを外して見る世界はきっとあらゆる色に満ちて 輝...