ひとになれない私

自分が世界に組み込まれていると感じられないから私は ひとりでいられないいつまで経ってもひとになれない風も木も街も 凍りついた冬だけの世界に窓を硬く閉じて眠るしかない悲しみの花ばかり咲かせて花を摘む 両手がかじかむ両手の冷たさに悲鳴をあげても世界は素通りして行った季節は巡る毎年毎年私を抜きにぽちで救われる私がいます。          ↓...