18、19、20、どっかーーん・・・

こんな台詞があったなあれは「沙粧妙子ー最後の事件」だった取り調べを受けてる少年が年齢を聞かれて「18、19、20、どっかーーーん・・・」って 天井仰いで物憂げに言うのあれを見て以来 私は心が苦しくなる度「18、19、20、どっかーーん・・・」って 言うのそう言うと 何だか 本当に全部終わりに出来る気がして暴れて 泣き叫びたくても怒って 怒鳴りたくてもそんなことの出来ない大人になってしまった私はあれ...