自我という軸

私の中心を貫く自我という 軸が思い切りぶれる波乗りは 未経験なのに 感情の大波に揉まれて軸が 激しくぶれるんだ夢の中で 束の間極楽気分かと思えば朝 現実という地獄に叩き落とされる自分の感情に翻弄されて酷く くたびれる乱されて激しく揺れる 私の心凍った 涙の湖が出来たり暖かな火を囲んで大好きな人たちと語り合ったりときに折れてしまいそうになるけれど折れることない 私の軸考えて現実を 地獄にしているのは...