眠りをむさぼった一日・その2

昏々と 眠り続けた一日薬を飲んで眠り続けた一日生きるとは とか幸せとは とかそんな面倒なことを何も考えずただ 眠り続けることは快感だ傷つけられたことも涙したことも夢の中では忘れられる無意識の中では傷つくことも考えることも何もないこの無意識をむさぼった一日愛するとか生きるとか幸せだとかそんなこと考えるのは面倒なだけだそんなことを 考えることが自分が人間であることが私には 忌まわしい人間は 考える生き...