現実という地獄

目覚めると現実が 襲って来る何事もないいつもの現実でしかないのに目覚めた途端現実という 猛獣に襲われるようで怖い私は いつも何事もない 現実に地獄を 見るただの 日常に無限の苦しみを 見る朗らかに語らう人が血を 吐いて青空が 真っ赤に燃えるだから無意識のままでいたいまどろみうたた寝は至福のときだああ・・・・また明日 という地獄が 来る無限の 苦しみがやって来る目覚めるのが怖いぽちで救われる私がいる...