朝の敗北感

朝は 目覚めが悪くて心が 沈んで行きそうになる何万回目かの 一日の始まりを 思うと昨日のままでいさせて欲しい と心が 叫ぶ今日の 始まりは私にとって爽やかでも 晴れやかでもなく忌まわしい意識が 戻っただけ昨日のままでいたくって早くに 目覚めても必死で抵抗しベッドにへばりついているそれも無駄だと仕方なく 起き上がったときのあの敗北感よ何故 毎日今日が来るの?何故 毎日明日が来るの?私は 昨日のままで...