朝の拷問

昨日とおんなじ 今日が来て今日とおんなじ 明日が来る特別なことは 私には何もないずっと夢の中にいたい 気持ちを振り切ってカーテンを 開けるときの朝の 勇気いや これは勇気と言うより 拷問朝の陽射しが今日も生きろ とばかりに私を 脅すいつまで生きれば許されるの?と 私は空に問うてみる答えは 返っては来ない...